第9回学術集会



ご挨拶 (研究会の趣旨)

 新型コロナウイルスは、これまでの社会の生活様式を大きく変える一方、世界的に深刻な経済的打撃を与え、病院も大幅な収入減に直面し、経営的に厳しい状況に置かれています。医療業界は、AI(人工知能)やDX(デジタル・トランスフォーメーション)等によって大きな変革を求められていますが、地域の医療提供体制や病院の再編・統合の問題、個々の医療機関での人員確保や働き方改革等の経営的課題も抱えています。このようなコロナ禍の厳しい経営環境下で、今回の学術集会は、病院がコロナ禍の課題を解決してどのように持続可能な経営を図れるか、そのためにどのような医療改革やイノベーションが求められるのか、そこでのマネジメントの役割は何か、を議論する機会にしたいと考えています。

大会長  狩俣 正雄

開催情報

日 時 2021年10月17日(日)10時00分~17時00分(9時30分 受付開始)
会 場 オンライン開催
テーマ 「医療におけるマネジメントの役割 -コロナ禍における病院経営のサステナビリティ-」
主 催 医療安全実践教育研究会
共 催 滋慶医療科学大学大学院
協 賛 社会福祉法人風の子会風の子保育園 (五十音順)


プログラム


  1. 開 会 【10:00】
  2. 大会長講演 【10:00-10:30】
    「医療におけるマネジメントの役割
    -働きがいのある最高の組織作りに向けて-」
    滋慶医療科学大学大学院 研究科長・教授
    狩俣 正雄

    座長 : 滋慶医療科学大学大学院 教授  和佐 勝史

  3. 休憩 【10:30-10:35】
  4. 特別講演 【10:35-11:35】
    「専門職の組織とマネジメント-病院と医療関係者を念頭に-」
    同志社大学政策学部・同大学院総合政策科学研究科 教授
    太田 肇

    座長 : 浜松医科大学 医学部 医療法学 教授  大磯 義一郎

  5. 休憩 【11:35-11:40】
  6. 一般演題発表 【11:40ー12:15】
    「新型コロナウイルス感染症患者受け入れ病院の法人本部の取り組みについて
    -感染症発生時における職員サポート事例報告-」
    社会医療法人祐生会 法人本部 人事課
    田中 龍也 ※
    「専従医療安全管理者の業務と役割についての研究
    -経営学におけるマネジャーの役割の知見から-」
    京都第一赤十字病院 医療安全推進室
    中島 聡子 ※

    ※は共同発表

    座長 : 大滋慶医療科学大学大学院 教授  飛田 伊都子
  7. 昼食・休憩 【12:15ー13:15】

  8. 会員総会 【13:15ー13:30】
  9. 休憩 【13:30-13:40】
  10. 基調講演 【13:40-14:20】
    「働き方改革と経営戦略-“あたりまえ”に取り組めば成功する-」
    社会医療法人明和会医療福祉センター サステイナブル本部
     統括主幹[人事・人財育成]
    竹中 君夫

    座長 : 滋慶医療科学大学大学院 特任教授兼学事顧問  江原 一雅

  11. 休憩 【14:20-14:30】



  12. シンポジウム 【14:30-16:50】
    テーマ:「コロナ禍における病院経営のサステナビリティ」

    「コロナ禍における病院経営のサステナビリティ」

    独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)
    大阪病院 看護部長
    谷岡 美佐枝

    「コロナ禍における病院経営のサステナビリティ
    -多様性のある組織づくりと可能性を支援-」

    関西医科大学 法人理事・統括看護部長
    安田 照美

    「コロナ禍での地域病院経営のサステナビリティ
    -患者も職員も安心な地域における病院として機能を維持する-」

    社会医療法人信愛会 畷生会脳神経外科病院 副院長
    出雲 幸美

    「コロナ禍における特定機能病院の役割
    -看護管理者として二つの難局を乗り越えて-」

    大阪医科薬科大学病院 看護部長
    中山 サツキ
    座長 : 大阪府看護協会 会長  高橋 弘枝
     滋慶医療科学大学大学院 教授  宇田 淳

  13. 閉会の挨拶 【16:50-17:00】
    医療安全実践教育研究会 代表世話人
    滋慶医療科学大学大学院 教授
    木内 淳子

  14. 閉 会 【17:00】


 

【参考資料】学術集会のリーフレットも併せてご覧下さい。pdf



【学術集会】演題募集 申し込み方法

抄録原稿執筆要領、抄録原稿の記入例を参考に抄録原稿フォーマットにもとづき、演題名(50字以内)と抄録本文(2000字以内、図表または写真を入れる場合は1点のみ)、発表者の氏名、所属機関などを明記して、事務局( mailto:info@msers.org )宛にWordファイルを添付し、メールでお送りください。

>> 抄録原稿フォーマット word  >> 抄録原稿執筆要領 pdf  >> 抄録原稿の記入例 pdf



一般演題募集は2021年7月2日(金)をもちまして締め切りとさせて頂きました。


【学術集会】参加申し込み方法

学術集会の参加については、当研究会のホームページまたはFAXで、2021年8月27日(金)までにお申し込みください。(定員110名、先着順)
お申込み期限を9月24日(金)まで延長いたします。
※ 既に年会費をお支払い頂いている会員様も別途、参加申込みが必要です。

参加費(抄録集代含む) 
会員:無料 賛助会員:2名まで無料 非会員:7,000円(学生 4,000円)
申込み受付後、参加費振込口座をメールにてお知らせいたします。

※ 一度入金された参加費は返金できません。あらかじめご了承ください。
   また、天災などにより学術集会が中止となった場合も返金できませんので、ご了承のほどお願いいたします。






第9回学術集会の参加申込を〆切らせていただきました。ありがとうございました。



ページの先頭に戻る